IVSローンチパッドで優勝した濱田さん、北海道で無暖房生活をする秋庭さんの話を聞きたかったので都内に来てもらっちゃいました!

十勝出身者や十勝に興味がある人々が首都圏で集まり、不定期で開催されている飲み会があります。
「十勝ゆかり飲み」[http://www.jimo.co.jp/wanted/10793/]。
首都圏に住む十勝出身者(と、その知り合い)や十勝と関わりのある人(十勝で働いたことがある、など)が集まる飲み会で、毎月開かれるときもあれば、半年ぐらい開催されない時もあるという「ゆるい」会。2年前から続いています。

「十勝で面白い人を見つけたから都内に呼んでみました」

今回、7ヶ月ぶりに開催された理由は、参加メンバーの一人が「十勝で面白い人を見つけたから」とのこと。2名のゲストにわざわざ十勝から来ていただいて、単に飲み会をするとは、ある意味豪華ですね。

最初のゲストは、農業情報設計社[http://www.agri-info-design.com/company]の濱田さん。

濱田さんの会社は、IVS 2015 Fallのローンチパッドで優勝した帯広市の会社です。IVS 2015 Fallのローンチパッドの内容はこちらの記事[http://jp.techcrunch.com/2015/12/09/ivs-2015-winter-launchpad/]をご覧ください。

本社は帯広ですが、リモート勤務で十勝管外で働いている社員もいる自由な会社です。サービスも「農業×IT」というこれから面白い分野で、帯広にもこんなIT系の会社があるんですね(失礼)、というのが正直な感想でした。
今回、「農業×IT」というテーマに惹かれて初めて参加したという、これまで十勝とは何も関わりもなかった方々もいたので、あらためて注目の高い分野だと実感。
濱田さんの会社では、トラクターにGPSで直進運転をサポートするアプリを開発しているのですが、アプリの便利さはもちろん、開発秘話から今後の展開についてもプレゼンテーションしてくださり、これからの農業をリードしていく最先端技術について、いろんな質問が飛び交っていました。

もうひとりのゲストは、日本一寒い町・陸別町で無暖房生活をしているという秋庭さん。

この写真の一番右の指を指してる方が秋庭さん(写真がこれしかなかった・・・)

無暖房生活の詳細はこちらで記事になっています。
http://www.tokachi.co.jp/news/201602/20160212-0022967.php

その無謀ともいえる生活スタイルに、参加者の皆さんも興味津々!
・冬山登山では、氷点下の中で夜を明かしたりする。その点、無暖房生活は命の危険がないので、恵まれた環境
・極寒期には室内で最も温かい場所となる冷蔵庫は、『食べ物を凍らせないために』活用する。
・帰宅した際には『暖かい!』と口に出すことで、精神を奮い立たせているという。

などなど、面白エピソードが満載でした。
日本一寒い町で毎年開かれている「しばれフェスティバル」というイベントの話など、陸別町の寒さの話題で盛り上がり、一度体験しに行きたいと言い出す人も。

もともと東京出身の秋庭さん、陸別町には地域おこし協力隊として移住したそうで、その頃から町の特産品開発にも取り組んでいます。

まちの写真をパッケージに生かした「まちチョコ」や鹿肉製品などをこれまでに作っていて、その中から今日は「鹿肉ジャーキー」を持ってきてくださり、みんなでいただきました。

そして、同じくこの日十勝から来ていた、地元FMラジオ局のパーソナリティ、高木公平さんも登場。

帯広市にあるFM-JAGAというラジオ局で、十勝ではよく知られています。
アウドドア大好きな高木さんが最近はじめた新番組「Outdoor Neighborhood」のお話をしてくださいました。

ネイチャーセンターなどで実際にガイドとして現場で活躍している方たちがDJとなり十勝のアウトドアの魅力を伝える番組とのこと。自然豊かな十勝はアウトドアを楽しむには絶好の場所で、十勝川や札内川でのカヤックやカヌーをはじめ、アクティビティも豊富。アウドドア愛あふれる人たちが語る十勝流のキャンプやBBQの楽しみ方など、ワクワクする内容です。インドア派の私も思わず十勝の自然の中で楽しみたくなってきました!

初参加が半数ぐらい。次回は冷凍庫内でバーベキュー?

その後はシンプルに飲み会です。

20名ぐらいの参加で、初参加の方は10名ほど。

次回開催についてもその場でみんなで相談しており、
「暑い夏の間に冷凍庫を借りて、
その中でバーベキューとかやりたいんですけど、できるかな?」
「氷柱を買って夏の氷祭りをやろう」
とか、嘘かほんとかよくわからないアイデアも飛び交っていました。
そんな楽しい話からちょっと真面目な話まで、初対面の人も一緒に夜遅くまで盛り上がりました。

今後のイベントはこちらのFacebookページなどで告知されます。

気になった方はぜひ、気軽に飲みに来てください!
(取材・文 柴田史郎)

Page Top