本別町で初めての地域おこし協力隊員を募集!あなたの経験とスキルを生かすチャンスです!応募締め切りは4月18日!

十勝では“豆の町”として知られる本別(ほんべつ)町。 おもしろい豆まきイベントや特産品開発など、豆を生かしたまちづくりが行われてきました。夏には大規模な畑を舞台にした「ひまわり3千坪迷路」、冬は寒さも忘れるほど美しい「冬あかりナイト」など、若手を中心に楽しいイベントが作り出されている、元気な町です。そんな本別町が今回、初めて地域おこし協力隊員を募集しています。大自然の中で新たなまちづくりにチャレンジしたい方、注目です!

町で始まった新たな事業を進めてくれる方が必要です!

今回募集しているのは、「移住定住推進員」と「農福連携事業支援員」の2種類。実はどちらも、本別町が昨年始めた新規事業に関わる仕事です。

たとえば「移住」については、近隣の足寄町、陸別町と一緒に3町で「とかち東北部移住サポートセンター」をつくり、これまでのような自治体単位ではなく、いくつかの町が協力してエリアとしての魅力を伝え、移住や定住をおすすめしていこうという取り組みが始まりました。 十勝では新しい挑戦です。 都市圏からの移住を検討している方や、移住経験がある方に、“外からの視点”や地方にないスキルを生かしていただける仕事です。

また、「農福連携事業」は、十勝らしい農業を通して障がい者支援を進めていこうという取り組み。スタートした昨年は、本別町産のトマトを栽培・収穫し、オリジナルのトマトピューレを新商品として開発しました。 豊かな農産物から加工品を生み出す6次産業化は十勝では今後ますます求められる仕事です。農業を通した新たなビジネススタイルを作り出すため、マーケティングやPRの経験を持つ方も大歓迎です。

町が始めた新たな2つの挑戦を、一緒にパワフルに進めてくれる方を求めています。

本別町からの募集内容をご紹介します。

 

本別町は、東北海道のほぼ中央の十勝エリアに位置し、一年を通して比較的降水量が少なく、十勝晴れと呼ばれる澄んだ晴天に恵まれ、基幹産業の農業を中心とした自然豊かな町です。
しかし、高齢化及び急激な少子化により地域力が低下し、地域経済の縮小が進むなど、将来への課題が山積みしています。
そこで、今後の町の未来のために、一緒に地域を変える力となってチャレンジしてくれる方を、本別町は募集します。

募集概要
【募集期間】
 平成29年4月18日(火)必着
【雇用期間】
 平成29年6月1日~平成30年3月31日
  ※1年ごとの更新で最長3年まで(平成32年5月31日)
【業務内容】
 《移住定住推進員》  1名
 ・移住相談や総合的なサポート
 ・移住希望者への住まいの情報、仕事の情報などの提供や情報収集
 ・各種セミナー、フェアへの出展やSNSを活用したPR活動
 ・お試し住宅の情報発信、受入対応
 ・平成28年7月に開設した「とかち東北部移住サポートセンター」との連携した取組の実施
 《農福連携事業支援員》  1名
 ・障がい者の農業技術や関連する加工技術の習得サポート
 ・新商品開発、マーケティングやPR
 ・障がい者などの自立のために必要な、新たな収入確保のための仕組みづくり
 《共通活動》
 ・地域イベント、コミュニティ活動への参加
 ・その他、各種まちづくり事業への参加
【募集人数】
 各1名(計2名)
【給与・賃金等】
 月額 181,000円
 ボーナス 勤務日数に応じて12月にボーナスを支給します。
 住宅借上料 月額20,000円を上限として、町が負担します。
 通勤手当 通勤距離が片道2km以上の場合、通勤手当を支給します。
 赴任に要する経費 一律100,000円を支給します。
【選考方法】
 1次選考:書類選考 / 2次選考:適正検査・面接
※詳しい内容につきましては、下記に記載しています。
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/news/post_638.html
■本別町HP
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
 

《申込み・お問い合わせ》

〒089-3392 北海道中川郡本別町北2丁目4番地1
本別町役場 企画振興課 地方創生推進室
TEL:0156-22-8121(課直通)  FAX:0156-22-3237
E-mail:tiikisk@town.honbetsu.hokkaido.jp
Page Top