十勝19市町村ごとの特色や移住、定住をサポートする様々な制度を紹介します
十勝19市町村ごとの特色や移住、定住をサポートする様々な制度を紹介します

上士幌町

TOKACHI MAP

上士幌町

DATA

上士幌町は十勝平野の北部に位置し、北に山岳部、南に平野を持つ変化のある地形をしています。北部は大雪国立公園に指定され、町内の76%が森林地帯という自然豊かな町です。基幹産業は畑作と酪農。源泉かけ流しが自慢の「ぬかびら源泉郷」や日本一広い公共育成牧場の「ナイタイ高原牧場」、北海道遺産にも指定されている「旧国鉄士幌線コンリートアーチ橋梁群」といった、豊富な資源を生かした観光も盛んです。毎年バルーンフェスティバルを開催する「熱気球の町」としても知られています。

  • 北海道バルーンフェスティバル 北海道バルーンフェスティバル
    北海道バルーンフェスティバル
  • 旧国鉄士幌線コンリートアーチ橋梁群
  • ナイタイ高原牧場 ナイタイ高原牧場
    ナイタイ高原牧場
上士幌町ホームページ
http://www.kamishihoro.jp
移住情報サイト
https://www.ijyuu.com
移住相談窓口
NPO法人 上士幌コンシェルジュ (木曜定休)
TEL: 01564-2-3993  E-mail: ijyuu@kamishihoro.net
上士幌町のサポート制度
しごと
  • 起業(創業)支援 新規創業、空き家・空き店舗活用した創業等に対して、新築(建設費)、増改築、改修費、備品購入費(1件5万以上)、改修設計委託費、賃貸家賃を助成
  • 起業(創業)支援 農林商工等連携・ビジネス創出促進事業:新商品開発や販路開拓など、産業間の連携による新たな事業への進出や起業を、財政的に支援
  • 無料職業案内所 町内に居住する方及び居住を予定している方で、町内の事業所に勤務を希望する方と町内の事業所の方に、雇用の求人・求職の紹介を行う
  • 農林水産業への就業支援 農業体験:18~35歳の健康な方、原則1週間以上、最低賃金以上、住込みまたは女性専用の通勤宿泊施設利用可能
  • 農業経営承継事業(農業再生協議会事業) 新規就農希望者と、現在営農しているが「後継者がいない」などの経営移譲希望者の意向を聞き取りし、希望に合致する者同士を地域への周知等をした上で紹介
  • 担い手育成助成事業(農業再生協議会事業) 農家子弟の独立等、農家内からの新規就農希望者、農家外・町外からの新規就農希望者の農業の担い手に対し、36カ月以内に限り月額8万円を助成
住まい
  • 土地の販売・分譲 みなみ野団地5区画、407.5~499.98㎡、1㎡あたり5,300円
  • 定住住宅建設等促進奨励事業 町内業者施工により、町内に住宅を新築した場合、延べ床面積に応じ最高50万円分の町内で使用できる商品券を交付
  • 定住住宅建設等促進奨励事業 町内業者施工により、町内の居住住宅をリフォームした場合、対象経費の10%分(上限20万円)の町内で使用できる商品券を交付
  • 定住住宅建設等促進奨励事業 町内業者施工により、住宅の法改修を行った場合、20万円を超える経費に対し、10万円を限度に町内で使用できる商品券を交付
  • 子育て住宅建設費等助成事業 中学生以下の子供がいる世帯で、新築の場合、子供一人あたり100万円を交付。町内建設業者による施工販売は、50万円を加算する。ただし、総額の9割を現金振込(助成金)とし、残りを商品券(報奨金)で交付
  • 子育て住宅建設費等助成事業 中学生以下の子供がいる世帯で、土地付き中古住宅購入の場合、子供一人あたり50万円(但し、購入額の1/3以内)。ただし、総額の9割を現金振込(助成金)とし、残りを商品券(報奨金)で交付
子育て
  • 子育て支援有料ゴミ袋給付事業 2歳未満児対象として有料ごみ袋を1人24ヶ月分給付事業(例:45ℓ袋の場合120枚)
  • 認定こども園保育料無料化事業 幼稚園・保育園が所得制限に関係なく、平成27年度から全額無料(10年間)。待機児童ゼロ
  • 子どもの医療費助成 高校生まで医療費が無料(所得制限なし)さらに予防接種も無料
  • 妊婦健康診査費助成 妊婦一般健康診査(全14回)と超音波検査費用を助成
  • 予防接種事業 感染症の発生と重症化、蔓延を予防することを目的とし、定期予防接種に対して、接種費用の全額を助成
  • エキノコックス症検診事業 小学3年生と中学生を対象に、エキノコックス症の検診費用を全額を助成
  • 妊婦歯科健康診査助成事業 妊婦自身の口腔衛生への意識向上のために妊娠期の歯科健診1回分の費用を助成
  • バルーンスタンプ子育て支援カード事業 スタンプを集めると5,000円分の商品券となるプレミアムバルーンスタンプカードを高校生以下の子供がいる世帯に1人2枚配布
  • 子育て講座 保護者たちが持つ多種多様なニーズや課題、悩みについて共有し、つながりを作ることで、日常的に助け合う関係づくりを図ります
教育
  • 認定こども園異文化交流推進員設置事業 認定こども園へ外国人講師を設置し、楽しみながら英語を学べる機会を創出する
  • 一流プロジェクト事業 子どもたちの夢を育むため、スポーツ・文化の一流の講師を招き、指導や講演会等の取り組みを支援する
  • 幼少中高一貫モデル事業 幼少連携のの一環として小1プログラム解消と学力向上を目的として、上士幌小学校の1年生に担当教諭を配置し、クラスの分割を図るとともに、学校教育推進支援員を3年生まで配置する
  • 上士幌中学校キャリア教育推進事業 中学生に対するキャリア教育の一環として、各分野の一流の講師を招き講師と生徒が対談を行う「大人トーク事業」を実施する
  • かみっ子ふるさと体感塾 子どもたちの「生きる力」を育成するため、自然体験・生活体験・交流の3つの活動を実施します(キャンプ活動、地域学習など)
  • 土曜学習推進事業 土曜日における充実した学習機会の提供により、子どもたちの基礎的な学力を身につけることができるように、学習、体験活動等の各種教室を開催します(英語、科学、言葉遊び)
  • 放課後子ども対策事業 放課後の子どもの安全で安心な居場所づくりとして、各種教室等を実施します(手芸教室、折り紙教室、スケート教室等)
  • 子ども料理教室 小学校4年生から6年生を対象に、食品の身体への動きや、使用する食材についての講話、調理実習を行う
  • 生教育基盤整備事業 住民と保健師で生教育支援チームを結成し、各年齢に必要な生教育の学習や授業を実施します
暮らし体験
  • 生活体験モニター(短期) 生活体験のための住居(必要最低限の生活備品付き)を用意し、上士幌町や移住を検討している方を対象に1週間から1ヶ月までのモニター受け入れている
  • 生活体験モニター(中長期) 生活体験のための住居(必要最低限の生活備品付き)を用意し、上士幌町や移住を検討している方を対象に1ヶ月から1年までのモニター受け入れている
上士幌町のサポート制度
しごと
  • 起業(創業)支援 新規創業、空き家・空き店舗活用した創業等に対して、新築(建設費)、増改築、改修費、備品購入費(1件5万以上)、改修設計委託費、賃貸家賃を助成
  • 起業(創業)支援 農林商工等連携・ビジネス創出促進事業:新商品開発や販路開拓など、産業間の連携による新たな事業への進出や起業を、財政的に支援
  • 無料職業案内所 町内に居住する方及び居住を予定している方で、町内の事業所に勤務を希望する方と町内の事業所の方に、雇用の求人・求職の紹介を行う
  • 農林水産業への就業支援 農業体験:18~35歳の健康な方、原則1週間以上、最低賃金以上、住込みまたは女性専用の通勤宿泊施設利用可能
  • 農業経営承継事業(農業再生協議会事業) 新規就農希望者と、現在営農しているが「後継者がいない」などの経営移譲希望者の意向を聞き取りし、希望に合致する者同士を地域への周知等をした上で紹介
  • 担い手育成助成事業(農業再生協議会事業) 農家子弟の独立等、農家内からの新規就農希望者、農家外・町外からの新規就農希望者の農業の担い手に対し、36カ月以内に限り月額8万円を助成
住まい
  • 土地の販売・分譲 みなみ野団地5区画、407.5~499.98㎡、1㎡あたり5,300円
  • 定住住宅建設等促進奨励事業 町内業者施工により、町内に住宅を新築した場合、延べ床面積に応じ最高50万円分の町内で使用できる商品券を交付
  • 定住住宅建設等促進奨励事業 町内業者施工により、町内の居住住宅をリフォームした場合、対象経費の10%分(上限20万円)の町内で使用できる商品券を交付
  • 定住住宅建設等促進奨励事業 町内業者施工により、住宅の法改修を行った場合、20万円を超える経費に対し、10万円を限度に町内で使用できる商品券を交付
  • 子育て住宅建設費等助成事業 中学生以下の子供がいる世帯で、新築の場合、子供一人あたり100万円を交付。町内建設業者による施工販売は、50万円を加算する。ただし、総額の9割を現金振込(助成金)とし、残りを商品券(報奨金)で交付
  • 子育て住宅建設費等助成事業 中学生以下の子供がいる世帯で、土地付き中古住宅購入の場合、子供一人あたり50万円(但し、購入額の1/3以内)。ただし、総額の9割を現金振込(助成金)とし、残りを商品券(報奨金)で交付
子育て
  • 子育て支援有料ゴミ袋給付事業 2歳未満児対象として有料ごみ袋を1人24ヶ月分給付事業(例:45ℓ袋の場合120枚)
  • 認定こども園保育料無料化事業 幼稚園・保育園が所得制限に関係なく、平成27年度から全額無料(10年間)。待機児童ゼロ
  • 子どもの医療費助成 高校生まで医療費が無料(所得制限なし)さらに予防接種も無料
  • 妊婦健康診査費助成 妊婦一般健康診査(全14回)と超音波検査費用を助成
  • 予防接種事業 感染症の発生と重症化、蔓延を予防することを目的とし、定期予防接種に対して、接種費用の全額を助成
  • エキノコックス症検診事業 小学3年生と中学生を対象に、エキノコックス症の検診費用を全額を助成
  • 妊婦歯科健康診査助成事業 妊婦自身の口腔衛生への意識向上のために妊娠期の歯科健診1回分の費用を助成
  • バルーンスタンプ子育て支援カード事業 スタンプを集めると5,000円分の商品券となるプレミアムバルーンスタンプカードを高校生以下の子供がいる世帯に1人2枚配布
  • 子育て講座 保護者たちが持つ多種多様なニーズや課題、悩みについて共有し、つながりを作ることで、日常的に助け合う関係づくりを図ります
教育
  • 認定こども園異文化交流推進員設置事業 認定こども園へ外国人講師を設置し、楽しみながら英語を学べる機会を創出する
  • 一流プロジェクト事業 子どもたちの夢を育むため、スポーツ・文化の一流の講師を招き、指導や講演会等の取り組みを支援する
  • 幼少中高一貫モデル事業 幼少連携のの一環として小1プログラム解消と学力向上を目的として、上士幌小学校の1年生に担当教諭を配置し、クラスの分割を図るとともに、学校教育推進支援員を3年生まで配置する
  • 上士幌中学校キャリア教育推進事業 中学生に対するキャリア教育の一環として、各分野の一流の講師を招き講師と生徒が対談を行う「大人トーク事業」を実施する
  • かみっ子ふるさと体感塾 子どもたちの「生きる力」を育成するため、自然体験・生活体験・交流の3つの活動を実施します(キャンプ活動、地域学習など)
  • 土曜学習推進事業 土曜日における充実した学習機会の提供により、子どもたちの基礎的な学力を身につけることができるように、学習、体験活動等の各種教室を開催します(英語、科学、言葉遊び)
  • 放課後子ども対策事業 放課後の子どもの安全で安心な居場所づくりとして、各種教室等を実施します(手芸教室、折り紙教室、スケート教室等)
  • 子ども料理教室 小学校4年生から6年生を対象に、食品の身体への動きや、使用する食材についての講話、調理実習を行う
  • 生教育基盤整備事業 住民と保健師で生教育支援チームを結成し、各年齢に必要な生教育の学習や授業を実施します
暮らし体験
  • 生活体験モニター(短期) 生活体験のための住居(必要最低限の生活備品付き)を用意し、上士幌町や移住を検討している方を対象に1週間から1ヶ月までのモニター受け入れている
  • 生活体験モニター(中長期) 生活体験のための住居(必要最低限の生活備品付き)を用意し、上士幌町や移住を検討している方を対象に1ヶ月から1年までのモニター受け入れている

そのほかの市町村をさがす

●以下より選択

ジャンル別でさがす

  • しごと
  • 住まい
  • 子育て
  • 教育
  • 暮らし体験
  • しごと
  • 住まい
  • 子育て
  • 教育
  • 暮らし体験
Page Top